本を読めない理由とは?原因と対処法を徹底解説

本が読めない悲しみ 本が読めないとき

本が読めない理由は様々です。

読んでいても頭がぼーっとしてしまったり、内容が全然頭に入ってこないということは誰にでもあります。

もし、本を読めないことが病気だとしたらどうでしょうか。

この記事では本を読めない原因についてまとめています。自分が本を読めなくて悩んでいるときはぜひ参考にしてください。

なぜ本を読めないのか

識字障害の可能性

本が読めずに虫眼鏡を使う

本が読めないのは識字障害のせいかもしれません。世界的な俳優であるトムクルーズも識字障害(ディスレクシア)であることで有名です。

本が読めなくても影響の出にくい幼少期は症状が目立たちません。しかし、成長とともに読めなくて困る場面が増えてきます。

視力が悪いわけではなく、本を読もうとしたときにぼやぼやとして字が読めないときは識字障害の可能性もあるので、病院で一度診断してみましょう。

現代においては字が読めないことの障害が少なくなっているので、気づかないパターンも増えています。

漢字が読めない可能性

本が読めないのはそもそも漢字を知らないからという可能性があります。

漢字を知らない状態で本を読もうとしても、拾える情報が極端に少なくなります。連続で文章を読もうとしても歯抜けの状態が続くため集中することが難しくなります。

知らない漢字が多いことで情報をえるどころか逆に文章を読むための妨げになってしまいますので、無意識に読み飛ばした結果本を読めないという感覚に陥ってる可能性があります。

関連記事:本が読めないのは漢字のせい?わからないときの対処法

明るさが不十分な可能性

暗い場所で本を読んでいると文字を捉えにくくなります。

視力が悪いわけでもなく、文章が読めないと感じるなら明るさを調整することで一気に読みやすくなる可能性があります。

照明で読んでいると暗すぎたということもあるので、環境が暗くないかどうか一度確認してみましょう。

明るすぎる可能性

逆に野外など明るすぎる環境で本を読むと太陽の光が反射しすぎて読めなくなることがあります。

外で本を読んでいてまぶしいと感じるのは、紙の素材が光を反射しやすいためです。適度な明るさで読むには問題ないですが、晴れの日に野外で長時間の読書はあまりむいていません。

目が日焼けしてしまう可能性があるので、野外で本を読むときは注意しましょう。

縦書きに慣れていない可能性

横文字が増えている現代で縦書きになっているのは、小説などの日本文学です。

日本語は伝統的に縦書きですが、現代のほとんどは横書きです。横書きの読み物は動画に慣れてしまった結果、縦書きが読めないということがあります。

これは訓練である程度克服できるものの、横書きが溢れかえっている現代社会にとって、縦書きはその役割が限定的になりつつあります。

横書きの読み物に変えることで一気に読めるようになることもあるので、電子書籍などでは横書きに変更してみるのもおすすめです。

視力低下(弱視)の可能性

視力が低下したことに気づくないで本が読めなくなったと感じることがあります。

視力の低下はある日突然、悪くなるというよりは徐々に字がぼやけてくる感覚になるので、気づきにくいです。

定期的に視力検査を行なっているうちは自分の視力を把握していますが、いつも検査しているとは限りません。

しばらく視力検査をやらないうちにいつのまに視力が低下してたということもあるので、目がぼやけるときは視力の低下を疑ってみましょう。

現在は視力を回復させる手術もあるので、メガネやコンタクトをしなくてもいい場合があります。

関連記事:私が本を読めない理由 | 弱視ハンディを克服した読書術

うつ病の可能性

精神状態が不安定だと文章を読むことが難しくなります。

雑音の多い環境で本を読むことが難しいように、精神状態がざわついているとそれだけ集中するのが難しくなります。

本を読もうとしてもなぜか落ち着かないというときはうつ病や統合失調症の可能性もあるので、一度病院で診断してもらうことをおすすめします。

原因がわからずに悩んでいるよりも心が楽になります。

本を読まないという選択

本を読むという作業は、一見普通なように見えますが実は相当な集中力を要する作業です。

体のどこかに不具合があると一気に本を読むことが難しくなります。また本を読まなくても生きていけるので、気づきにくいことも問題です。

オーディオブックや音読サービスであれば落ち着いて本を「読む」ことができます。

目が見えない人でも多くの名著に触れることができるうえに、一気に理解度が高まることもあります。

本が読めないで悩んでいる人は本を読むことに固執せずに聞いてみるのも非常にいいです。

アマゾンのオーディブルなら最新の本も耳で読むことができるので、おすすめです。

好きなタイトルをいつでも1冊無料で試せるので、ぜひオーディブルのの魅力を実感してみてください。

オーディブル1冊無料体験はこちら

タイトルとURLをコピーしました