本が読めないのは漢字のせい?わからないときの対処法

本が読めないとき

なぜ漢字が多いと本が読めないのか

本を読んでいても、すらすらと読み進められないと感じたことがあると思います。

本をすらすら読み進められない原因として、“漢字が多く使われている”ことが挙がります。

なぜ漢字が多いと本が読めないのかその理由と、対処法を紹介していくので参考にされてください。

読み方がわからない(音読できない)

まず、漢字が多いと本が読めない原因として、”漢字の読み方がわからない”ことが考えられます。

本には学校教育で習わないような難しい漢字が使われていることもしばしばです。

頻繁に見かけたり、頻繁に使う漢字でなければその漢字の読み方がわからないことがあると思います。

本を読むときは心の中で言葉を音読しながら読み進めると思いますが、読み方がわからないと音読できずに本を読んでいても立ち止まらざるを得ません。

そうなると本の情景を想像しながら読み進めていても、想像がストップし本が読めないと感じてしまうのです。

意味がわからない(理解できない)

次に本が読めないと感じてしまう原因と考えられるのは、”漢字の意味がわからない”からです。

漢字の意味がわからないものがあると、”どういった意味だろう”と考えると思います。

わからないからと飛ばして読んでいてもその文字が、その本の中で重要な意味を果たす役割を持っている可能性もあります。

意味がわからない漢字が複数登場すると、文章の離脱に繋がり本を読んでいても集中できません。

本は1つ1つの言葉がキーワードとなっていることも考えられるので、漢字の意味がわからないと本が読めないと感じることも少なくありません。

場面が理解できない(背景が古すぎる)

最後に漢字が多いと本を読めないと感じる理由として、”場面が理解できない”ことが挙げられます。

本に登場する場面は現代のものばかりではなく、遥か昔の時代背景が描かれていることがあります。

想像や見聞でしかわからない時代背景のことであれば、場面が理解できないことも。

特に時代背景が古い内容の本をあまり読んだことがない場合は、余計に場面が理解できないと感じ本の内容自体に面白味がないと感じてしまうこともあるのです。

関連記事:本を読んでいても途中で飽きてしまう理由

本の漢字が読めないときの対処法

漢字が多いと本が読めないと感じる理由がわかったところで、本の漢字が読めないときの対処法を紹介します。

自分に合った対処法を選択すると良いです。

アプリで調べる

本の漢字が読めない時は、”アプリで調べる”と良いでしょう。

スマホは多くの人が持っており、アプリも手軽に入手できます。

読み方がわからない漢字であっても、見たままをアプリに手書きすることで該当する漢字を割り出してくれるので、漢字の読み方や意味がわからなくても心配いりません。

画像検索をする

本の漢字が読めない時は、”画像検索する”というのも方法の1つです。

カメラで撮影した写真の画像を、Webや辞書から漢字を割り出すことができます。

本を撮影するだけなので検索する際に間違う心配もなく、的確に漢字の読み方や意味がわかる方法と言えます。

音読サービスを利用する

本は紙で読むだけではなく、電子書籍で読むこともできます。

電子書籍であれば、本の漢字で読めないものが出てきたときは”音読サービスを利用する”と良いです。

音読サービスは言葉を読み上げてくれるので、わからない読み方のものでも止まらずに本を読み上げることが可能です。

それでも本が読めないときは?

本の漢字が読めないときの対処法を紹介しましたが、わからないものを調べる時間を設けることで本の内容がストップしてしまうことも。

それを好ましくないと感じる方には、”オーディブルで本を読まない”ことをおすすめします。

従来は本は読むものと捉えられていたと思いますが、本は”聴く”ものへと変貌を遂げつつあります。

本の内容を耳から聴けるので、難しい漢字があった場合でも安心してすらすらと内容が入ってくるのです。

情景を想像する本で難しい漢字があると、文章から離脱を強いられていたと思いますが、オーディブルだと音楽を聴くように自然と頭に入ってくるため本を読むのが続かないと感じる人にも紹介できる優れものです。

好きなタイトルをいつでも1冊無料で試せるので、ぜひオーディブルのの魅力を実感してみてください。

オーディブル1冊無料体験はこちら

タイトルとURLをコピーしました