英語の本が読めないときは?困ったときの対処法まとめ

本が読めないとき

英語の本が読めないとき

英語の本を読もうと思うきっかけは様々だと思います。

習った英語を生かして英語の本に挑戦しようと思ったり、好きな本があって英語版にも挑戦したい、英語を勉強したいからなどが挙げられると思いますが、英語の本が読めないときがあると思います。

そんなときどのようにして英語の本を読んだらよいか紹介していくので、参考にされてください。

電子辞書を使う

英語の本が読めないときに試してほしいこととして”電子辞書を使う”ことが挙がります。

電子辞書は、単語入力でわからない英語の意味が瞬時にわかります。

その単語の使われ方なども紹介されているので、単語の意味だけではなく実際に文法として使うときにどのような形で使われるかの確認も可能です。

 アプリを使う

次に英語の本が読めないときにおすすめなのは、”アプリを使う”ことです。

英語を学習するためのアプリは数多くあり、アプリを用いて英語力を上げている人がいるのも事実です。

本を読んでいてわからない単語をアプリで調べると、すぐに意味がわかるだけでなく発音なども確認できます。

スマホは手軽に持ち運びできるもので常時携帯していることが多いので、電子辞書を持っていないという方はアプリで手軽に検索できます。

日本語版を読む(あれば)

英語版を読もうと思ってもわからない英語ばかりが並ぶと、読み進めることができません。

すらすら読めなければ本自体を読むことを断念することもあるでしょう。

本を読むためには、”日本語版を読む”ことも候補に挙げられます。

これは、日本語版がある場合にのみ有効なので読みたい本の日本語版が存在するのか確認すると良いです。

英語の本は読まずに聞くのがいい理由

英語の本が読めないときの対策方法を紹介しましたが、英語の本は読まずに聞くのが良いとされています。

その理由として挙げられるのは以下の3つです。

  • 英語の読み方(発音)がわかる
  • 英語のリズムを掴める
  • 作業中でも読める(聴ける)

なぜ、英語の本は聞いた方が良いのか紹介します。

英語の読み方(発音)がわかる

英語の本を聞くと”英語の読み方(発音)”がわかります。

英語を学びたいと考えているのであれば、英語の読み方(発音)を覚えることはマストです。

英語の文字を見るだけではなく、耳から聞くことで記憶され英語を覚えやすくなります。

英語のリズムを掴める

英語の本を聞くことで”英語のリズムを掴める”のも特徴です。

これは、日常生活でも言えることですが、普段の会話を抑揚をつけずに淡々と話されてもいまいち内容が入ってこないと思います。

うれしいとき、悲しいとき、驚いたときで言葉の発し方も変わります。

淡々と話されても内容が入ってこないのと同じで、英語もリズムがわからなければ内容が入ってこないこともしばしばです。

英語を聞くことで英語のリズムが掴め、英語をより身近に感じられます。

人はコミュニケーションをとる上でも、言葉のリズムが重要な役割を果たしているのです。

前述した英語の読み方(発音)がわかるに加え、英語をリズムで感じることで英語がスムーズに入ってきます。

作業中でも読める(聴ける)

英語の本を読むときに文字を追っているときは、本を読むことだけに集中する必要がありますが、本を聞くのであれば、”作業中でも読める(聴ける)”が可能です。

英語の本を文字で読むのは体力がいるという方でも、本を聞くのであれば他のことをしながらでも気楽に本を楽しめます。

家事や子育ての合間に本を楽しむことも可能です。

まとめ

ここまで、英語の本が読めないときの対処法を紹介してきました。

本を読めないときは、電子辞書やアプリを用いて読むことや、日本語版の本を読むことで対処できますが、英語の本は読むよりも聞く方が良いとされています。

英語の読み方(発音)がわかり、リズムも掴めるので英語を覚えやすくなり身近に感じられます。

また、本にかかりきりにならずに他の作業をしながら聞き、本を読み進めることも可能です。

電子書籍であれば、英語の本を身近に感じられるのでおすすめです。

英語の本に挑戦したい、英語を学ぶために英語の本を読みたいと考えている方は1度電子書籍で英語の本を読むことを検討されてはいかがでしょうか?

関連記事:Kobook(コブック)とは

関連記事:本が読めないのは漢字のせい?わからないときの対処法

タイトルとURLをコピーしました